アラサーからでも遅くない美容研究×ひみか

アラサーOLの日常/美容について勉強中です。 美容/コスメ/体験/レビュー/グルメ/恋愛/コラム Instagram&Twitte ▶︎ @himika_biyou

罪悪感ゼロ!間食におすすめなチョコレート🍫

f:id:himika-biyou:20200418202548j:plain

 

こんにちは、ひみかです!(@himika206

 

仕事をしているとどうしても甘いものが欲しくなります...
今まで糖質やカロリーも関係なく食べたいお菓子を間食していましたが
アラサーになり、さすがに罪悪感が強くなってきました。

 

自分を肯定するために調べてみました、罪悪感のない間食。

 

間食におすすめするチョコレート

みなさんご存知のこちら。

f:id:himika-biyou:20200418183320j:plain

「明治 チョコレート効果カカオ72%」

 

 ガッキーがCMをしていて有名ですよね。
『健康を考える人は高カカオ習慣。』と謳っていますよね。
CMの中に「1日3枚から5枚が目安」というようなフレーズがあるのですが
このメッセージで高カカオチョコレートを買い物のときに選ぶようになりました。

 

いま食べているこの高カカオチョコレートがどれだけよいかまとめてみました。

 

効果・効能

高カカオチョコレートにはたくさんの効果があるみたいです。

 

カカオ豆にはポリフェノールが豊富に含まれていて
ワインやコーヒーより断然多く含まれているそうです。

 

このカカオポリフェノールが身体のいろんな悩みを解決してくれます。

  • 便秘解消
  • 冷え性解消
  • 血圧の低下
  • 動脈硬化予防
  • アレルギーの改善
  • 記憶力の向上
  • 美容効果

「美容効果」は響きますね。

カカオポリフェノールの抗酸化作用は優れているようで、
肌荒れの原因となる「活性酸素」を除去してくれるそうです。

 

注意点

カカオの含有量が多いからこそのメリットもありますが、
逆にカカオは脂質が多く高カロリーなため、食べ過ぎるとよろしくないようです...

 

またカカオにはカフェインも含まれているのでトイレが近くなることも。

 

最適な分量を摂取することでよりよい効果を実感できるみたいです。
次にその最適な食べ方についてご紹介します。

 

食べるタイミング

カカオポリフェノールの1日の摂取量の目安は25gと言われています。

 

実は、カカオポリフェノールは、1度にたくさん摂取しても排出されてしまうそうです。
そのため、1日に数回に分けて摂取することがポイントです。

 

ガッキーのCMでもあるように、

  • 朝 7時 朝から健康を考えるチョコです。
  • 午前 10時 午前中もコツコツ カカオポリフェノール!
  • 午後 3時 午後も健康を考えるチョコです。
  • 夕方 5 時 夕方の1枚、どうぞ。
  • 夜 9 時 1日おつかれさまのカカオポリフェノールです。

必要な分を毎日少しずつ摂り続ける習慣が大事みたいですね。
食べることが自信に繋がることがいいですよね!

 

高カカオチョコレートの選び方

よくカカオの含有量を70%~90%くらいで表示されている商品を見ますよね。

私は70%のチョコレートしか食べないのですが、

どのように食べ分けるか簡単に特徴をまとめてみました。

70%

高カカオチョコレートの中では甘味があるので、間食としては最適かなと思います。
コーヒーや紅茶とも合います。

 

70%は種類も豊富でこの2つは食べやすくおいしいです♡ 

明治ザ・チョコレート コンフォートビター

f:id:himika-biyou:20200418185008j:plain 

明治 チョコレート効果カカオ72%蜜漬けオレンジピール

f:id:himika-biyou:20200418185014j:plain

80%

1度食べたことがありますが、70%に慣れているので「苦い...」となりました。
単体ではあまり食べきれないのでカフェオレなどの甘み飲み物があると救われます。
結局カフェオレで高カロリー(笑)
個人的に罪悪感の間食になるので食べていません(笑)


ウィスキーや日本酒なにも合うそうです。

 

90%

挑戦したことのない領域ですが、
カカオの風味をダイレクトに感じられるものを食べてみたいと思ってみた方におすすめだそうです。
お菓子作りに活用されることもあるみたいですが
お菓子だけでなく料理にも活用されているレシピを見たことがあります。
カカオ量も多いものを美味しく食べれるのはよいですよね。

 

まとめ

高カカオチョコレートは健康的な要素がいっぱいです。
これで間食に罪悪感を感じることなく、むしろ楽しんで間食できます!(笑)

 

お問い合わせ

プライバシーポリシー